松藤プラザ 「えきまえ」いきいきひろば

理事長挨拶

NPO法人子ども活動支援センター理事長の松本でございます。

近年、少子化、核家族化、都市化、情報化等の経済社会の変化や人間関係の希薄化、地域における地縁的なつながりの希薄化などにより、家庭や地域社会における教育力が低下していることも指摘されております。

子どもたちの思いやりや行動力、協調性、前向きに生きていく力など、心の豊かさは、学校生活だけで身に付くものではなく、家族や同じ地域で暮らす多くの方々と触れ合いながら得られるものだと考えております。

また、人々が、生涯のいつでも、自由に学習機会を選択して学ぶことができ、その成果が生かされるような「生涯学習社会」の実現のためには、学校教育、家庭教育、社会教育など生涯を通じた幅広い学習機会の場が必要だと考えております。

私も地域社会の一端を担うものとして、このセンターを通して、県民一人ひとりの生涯を通じた学習活動を促進するとともに、子どもたちが家庭や地域社会の中で伸び伸びと育まれるような環境を整備し、楽しく、また、活き活きと活動する子どもたちの姿を、多く目にすることができるよう頑張りたいと思います。

終わりに、この 松藤プラザ「えきまえ」いきいきひろば が、多くの利用者の皆様に親しまれ、賑わいと交流の場になることを期待するとともに、皆様のご活躍を祈念してご挨拶とします。

NPO法人子ども活動支援センター
理事長